林誠弥 顔画像や勤めている会社は?岐阜県瑞穂市生津外宮前町でひき逃げした疑い

岐阜県瑞穂市の交差点で女子高校生が軽自動車にはねられ、顔の骨などを折るなどの重傷を負ったひき逃げ事件で、21歳の男が逮捕されました。

林誠弥容疑者の顔画像やFacebookなどのSNS、事件のあった現場など調べていきます。

スポンサーリンク

事件概要

岐阜県瑞穂市の交差点で女子高校生が軽自動車にはねられ、顔の骨を折るなどの重傷を負ったひき逃げ事件で、警察は21歳の男を逮捕しました。

逮捕された瑞穂市別府の会社員 林誠弥容疑者(21)は、16日午前8時前、岐阜県瑞穂市の生津外宮前町の交差点で、軽自動車を運転中に、自転車に乗った16歳の女子高校生に出合い頭に衝突し顔の骨を折るなどの重傷を負わせ、そのまま逃げたひき逃げの疑いが持たれています。

警察は、現場に落ちていたドアミラーの破片などから林容疑者の犯行を特定。

調べに対し、林容疑者は容疑を認めているということです。

出典:CBC News

女子高校生をひき逃げしたとして捜索されていましたが、遂に犯人と思われる男性が逮捕されました。

事件が起きたのは今月16日の午前8時前、岐阜県瑞穂市の生津外宮前町の交差点で、通学途中だった女子高校生と出合い頭に衝突し、重傷を負ってしまった事件が起きました。

ひき逃げして逃走…、一番やってはいけないことですよね。

事故が起きてすぐに救急通報していたら女子高生の被害も少しは軽くなっていたかもしれないのに…。

犯人はそのまま逃走していましたが、警察が現場の証拠から犯人を特定し逮捕に至りました。

調べに対し、林容疑者は容疑を認めているとのことです。

本当に林容疑者がひき逃げをしたのかは、まだ不明ですがもし犯人だとしたらとても悪質です。

警察の調べで特定されましたが、特定されなかった場合はずっと黙っていた可能性もありますよね。

林誠弥容疑者のプロフィール

名前:林 誠弥(はやし せいや)

性別:男

年齢:21歳

出身:岐阜県瑞穂市別府

職業:会社員

容疑:ひき逃げ

スポンサーリンク

林誠弥容疑者の顔画像やFacebookは?

林容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

ニュース報道では公開されていなかったので検索してみましたが、本人と特定できる画像は見つかりませんでした。

ひき逃げなんて悪質な行為をした可能性があるわけですから、公開してしまってもいいと思います…。

また、林容疑者のFacebookやTwitterなどのSNSアカウントは存在するのでしょうか?

こちらも調べてみました。

林誠弥で検索したところ本人と思われるアカウントを発見しました。

しかし、断定は出来ないためここでは公開を伏せさせて頂きます。

林誠弥のFacebookアカウントの検索結果が気になる方はこちらからどうぞ。

事件の起こった現場は?

女子高校生と衝突した事故現場はどのような場所なのでしょうか。

こちらがニュース報道で公開されていた事故現場の画像になります。

出典:CBC News

画像を見て分かるように住宅街の見通しの悪い交差点です。

一時停止の標識もなくとても危険な道路ですね。

徐行運転をするなどして気をつけていれば衝突するような事故は起きなかったでしょう。

女子高校生が重傷を負ってしまったということは、かなりスピードが出ていたのではないかと思われます。

林容疑者の勤めている会社は?

今のところ林容疑者の勤めている会社に関する情報は見つかりませんでした。

車で通勤していたとなると会社の場所もそう遠くない場所にあるのではないでしょうか。

こちらはgoogle mapで検索した瑞穂市内にある会社の一部です。

このようにたくさんの会社が存在し容疑者が勤めている会社の特定は出来ませんでした。

今後、新しい情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

ひき逃げの罪が軽すぎるんだよね
飲酒運転もそうだが、立ち直れないくらい重くてもいい!

出典:Yahoo! ニュース

最近轢き逃げ多すぎないかい?
他人の命より自己保身に走る自己中な奴がそれだけ増えたって事か?
嫌な世の中になったものだ…

出典:Yahoo! ニュース

ひき逃げは重罪です。逃げなくてはならない理由があったのかと思います。最低な人間です。
ただ、車対自転車なら無条件で自転車が被害者だと考えるのは止めましょう。事故を誘発する危険な自転車も沢山います。

出典:Yahoo! ニュース

容疑者がひき逃げをした疑いということで、容疑者を厳しく責めるコメントやひき逃げの罪をもっと重くするべきとのコメントが見られました。

ひき逃げは重罪です、自分でケガをさせて逃げるなんて本当に最低な行為だと思います。

ドライバーの皆さん、自分が凶器に乗っていることを忘れないでください!