石川県白山市相川新町 中川製紙 男性3人が溶剤タンク内で死亡事故 原因は?

6日未明、石川県白山市の製紙会社で、従業員と見られる男性3人が溶剤タンク内で倒れているのが見つかり、その後この3人の死亡が確認されました。

中川製紙や事故の死亡の原因など調べていきます。

スポンサーリンク

事件概要

6日未明、石川県白山市の製紙会社で、従業員とみられる男性が3人が溶剤タンク内で倒れているのが見つかり、この3人の死亡が確認されました。

警察や消防によりますと、6日午前3時45分ごろ、白山市相川新町の「中川製紙」の男性従業員から、「溶剤タンクに男性が転落した」と119番通報がありました。消防が現場に駆けつけたところ、溶剤タンクの中には男性3人が倒れていて、現場で死亡が確認されました。

出典:JNN

危険物を過剰摂取してしまったのでしょうか。

事件が起きたのは今月6日未明、石川県白山市の製紙会社で、従業員の男性3人が溶剤タンク内で倒れているのが見つかり、この3人の死亡が確認されました。

「溶剤タンクに男性が転落した」と119番通報があり、消防が現場に駆けつけたところ、溶剤タンクの中には男性3人が倒れていて、現場で死亡が確認されました。

なぜ、溶剤タンクに転落してしまったのか、しかも同時に3人も…。

疑問が残ります。

中川製紙とは?

名前:中川製紙株式会社(なかがわせいしかぶしきがいしゃ)

所在:白山市相川新町718番地

設立:昭和27年4月1日

製品:色ライナー. 製袋原紙. 環境紙. 機能紙. 機能紙:偽造防止紙

会社ホームページを開こうとしましたが、現在ホームページにアクセスできない状態です。

この事故でアクセスが集中し一時サイトが封鎖されていると思われます。

今後、新しい情報が入りましたら、追記します。

スポンサーリンク

事件のあった現場は?

こちらが中川製紙株式会社の地図画像になります。

海沿いに面する場所に会社があります。

ストリートビューの画像がこちらです。

大きい工場ですが、外観から少し古い建物という印象を受けます。

安全対策などは万全に取れていたのでしょうか。

今後、会社の対応にも注目が集まります。

事件の起こった原因は?

この男性たちが作業していたのは古紙と水、希硫酸を混ぜて再生紙をつくる深さ約5メートルのタンクです。

タンクの不具合を確認しようと、はしごでタンク内に降りた男性が最初に倒れ、その男性を助けようとタンク内に入った男性たちも相次いで倒れました。

恐らく希硫酸を使うことにより有毒なガスがタンク内に充満していたものとみられます。

または、酸欠状態になってしまったのでしょうか。

普段の作業ではこのようなことはまずないと思うので、タンク内の不具合が原因でしょう。

原因についてあたらしい情報が入り次第、加筆させて頂きます。

スポンサーリンク

ネットの反応

別の報道では自らタンク内に入って行って
次々と倒れたともあった 有毒ガス?酸欠?転落そのものが分からないが 3人の死亡とは大事故です 1日でも早い原因究明が必要ですね
亡くなられた方々の ご冥福をお祈りいたします!

出典:Yahoo! ニュース

なぜ3人も亡くなったんだろう。
安全管理体制に問題がありそうですね。

出典:Yahoo! ニュース

タンク内で酸欠になったのか 溶剤のガスでやられたのか 悲しい事故ですね、

安全管理体制が気になるなぁ

出典:Yahoo! ニュース

会社の安全管理に疑問のコメントが多く見られました。

トラブルを処置する際、どういった危険がありどういう処置をするのかを従業員が理解していればこのような事故は起きなかったはずです。

亡くなられた従業員の方たちのご冥福をお祈りいたします。