14歳JC 女子中学生 友人宅から現金1000万を盗んでしまう… お金の使い道は?

友人宅から現金1000万円を盗んだとして、16日、東京都江東区の区立中3年の少女が

窃盗の容疑で逮捕されました。

盗んだ現金は驚きの使われ方をされていました。

スポンサーリンク

事件概要

友人宅から現金1000万円を盗んだとして、警視庁少年事件課は16日、東京都江東区の区立中3年の少女(14)を窃盗容疑で逮捕したと発表した。少女は盗んだ現金を中学校の同級生10人ほどに配っていた。容疑を認め、「同級生から仲間はずれにされているようなストレスを感じていた」と供述しているという。

逮捕容疑は1月初旬~2月27日、同区の友人宅に保管されていた現金1000万円を盗んだとしている。

出典:毎日新聞

友人宅から現金1000万円を盗んだ事件

現金1000万円が置いてある家なんてそうそう無いでしょう。

なぜ、家にそんな大金が置いてあったのかは不明ですが、少女は盗んだ現金を中学校の同級生10人ほどに配っていました。

少女は容疑を認め「同級生から仲間はずれにされているようなストレスを感じていた」

と供述。

現金にはあまり興味がなく、ストレスによる犯行だったのかもしれませんね。

現金友人に配ってるし…

あるいは、金の力でちやほやされたかったのか…

そんな友情お金が尽きてしまった瞬間に終わってしまう一時的なものでしかないのに。

スポンサーリンク

女子中学生のプロフィール

年齢:14歳

性別:女

在学:東京都江東区の区立中

容疑:窃盗

知らない男から預かったと母親には説明

同課によると、2月中旬に少女の母親が、娘の部屋のクローゼットから1000万円が入ったトートバッグを見つけた。少女は「知らない男から預かった」と説明したが、その後、数十万~100万円を小分けにし、同級生に学校や通学路で手渡していた。

少女は友人宅に度々、遊びに行っており、現金の存在を知ったとみられる。少女の母親が警察に相談するなどして友人の母親が被害に気付き、3月3日に警視庁に届け出た。

出典:毎日新聞

少女の母親が、盗んだ現金を娘の部屋のクローゼットから発見。

少女は「知らない男から預かった」と説明したが、少女の母親は警察に相談するなどして、

友人の母親が被害に気付き、警視庁に届け出て発覚した模様です。

さすがに理由が怪しすぎますね…

知らないおじさん

まるで、漫画の中のような話です。

現実にそんなあしながおじさんは存在しないと思いますが…。

現金は回収されたのか?

少女や同級生の一部は金を使ったとみられ、これまでに790万円が回収された。同課はいじめはなかったとみているが、事件の背景や金の使い道を調べる。

出典:毎日新聞

少女や同級生の一部は金を使ったとみられますが、盗まれた1000万円のうち

790万円は回収されたとのこと。

ちゃっかりお金使っているみたいですね。

まだ中学生なので、お金もらったラッキーくらいにしか思わなかったのでしょうか?

もらった友人たちはお金の出所なんて知らないし、仕方ないのかもしれませんが…

お金の使い道や事件の背景は新しい情報が入り次第追記します。

東京都江東区は?

事件のあった東京都江東区はどのような場所なのでしょうか?

出典:google map

東京都の沿岸沿いに面する区です。

ストリートビューの画像がこちらになります。

出典:google map

高層ビルがこんなにも…

都会ですね。現金1000万円が置いてある家があるのも納得できる気がします。

スポンサーリンク

女子中学生の処罰は?

今回の少女は14歳以上だったので、成人と同じように刑事責任能力が生じます。

警察などから逮捕され、検察から捜査を受けるまでは成人の刑事事件と同じみたいです。

今回は殺人や強盗などの重大な事件を起こしているわけではなく、盗まれた現金も大半は回収されています。

よって、保護観察処分か更生施設で生活を送りながら厚生をしていくのではないでしょうか。

まだ若く、やっていいことと悪いことの区別もつけられなかったのでしょう。

今回の罪を反省して、厚生されることを心より願います。

ネットの反応

・タンス預金を世に出して経済を回した功績

・義賊じゃねえか

・母ちゃんがどんな辛い思いして貯めたのかを考えると切なくなる

・平成のネズミ小娘