鹿嶋学 顔画像 亡くなった女子高校生の顔は? 未解決事件遂に解決か

たった17歳で明るい未来を奪われた女子高校生を殺害した容疑で山口県宇部市の会社員鹿嶋学容疑者が逮捕されました。

鹿嶋学容疑者の顔画像や逮捕の経緯について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

広島県廿日市警察署です。警察は、山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)を逮捕したと発表しました。

この事件は2004年10月、広島県廿日市市の住宅で、当時高校2年の北口聡美さんが侵入してきた何者かに刃物で刺され殺害されたものです。北口さんは首や胸、背中をナイフのような刃物で10か所程度刺され、血まみれの状態で見つかりました。事件当時、母屋には聡美さんの祖母と小学6年生の妹がいました。妹は近くの花店に逃げ込み無事でしたが、祖母は背中など4か所を切られ、一時、意識不明となる重傷を負いました。

捜査関係者によりますと、事件現場で採取した指紋やDNA型が鹿嶋容疑者のものと一致したということです。警察は午前6時半ごろ、鹿嶋容疑者を任意同行しました。鹿嶋容疑者はいったん、山口県内の警察施設に入り、この後、捜査本部が置かれているここ広島県警廿日市警察署に身柄が移されます。

事件当時、21歳だった鹿嶋容疑者。認否は、広島県警がこの後、廿日市警察署で開く記者会見で明らかにされる見通しです。

出典:TBS news

非常に残酷な事件です。

この恐ろしい事件は2004年10月、広島県廿日市市の住宅で、当時高校2年生の北口聡美さんが侵入してきた男に刃物で刺され亡くなってしまいました。

当時、一緒に暮らしていた北口聡美さんの祖母も刃物で刺され意識不明となる重傷を負いました。

幸い小学6年生の妹は近くの花屋に逃げ込み無事でしたが、すぐ近くで実の姉を殺害されてしまったのです。

突然襲われ、希望ある未来を奪われてしまった北口聡美さん、ご家族の方の悲しみははかり知れません、、、

14年間捜索され続けた犯人ですが、採取した指紋やDNA型が鹿嶋容疑者のものと一致し逮捕されたようです。

どうやら、鹿嶋学容疑者は別の暴行事件で事情聴取を受けていたみたいです。

認否は、広島県警がこの後、廿日市警察署で開く記者会見で明らかにされる見通しです。

スポンサーリンク

鹿嶋学のプロフィール

名前:鹿嶋学(かしままなぶ)

性別:男

年齢:35歳

身長:165㎝(推定)

出身:山口県宇部市

職業:会社員

鹿嶋学容疑者の顔画像やFacebookは?

鹿嶋学容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

ニュース報道では公開されていなかったので、調べてみましたが、本人と思われる画像は発見できませんでした。が、TSSプライムニュースのTwitterで公開されていました。


今後、広島県警廿日市警察署に身柄が移されるとのことなので新しい情報が入り次第追記していきます。

また、今回の事件で広島県警察が公開していた犯人の似顔絵がこちらになります。

出典:広島県警察

目が細く、頬にニキビのような跡、髪を立たせており、短髪などの特徴があります。

容疑者とこの似顔絵が似ていたことも逮捕の一因になっているかもしれませんね。

続いて、鹿嶋学容疑者のFacebookやTwitterアカウントは存在するのでしょうか?

こちらも調べてみましたが、鹿嶋学の検索結果でヒットする人物はいなかったので、もしかしたらFacebookをやっていないのかもしれません。

鹿嶋学のFacebookアカウントの検索結果が気になる方はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

 亡くなった女子高校生の顔画像は?

亡くなった北口聡美さんの顔画像がこちらです。

出典:NHK news

出典:広島県警察

とても可愛らしい方ですね。

17歳という若さでこの世を去ってしまいました、、、

数え切れないほどやりたいことがあったことでしょう。

犯人との面識はあったのでしょうか?

本当に鹿嶋学容疑者が犯人だとしたら、容疑者の年齢は当時21歳と近い年齢なので何らかの関りがあったのかもしれません。

出典:広島県警察

広島市内から国道2号線(通称西広島バイパス)を約20キロメートル大竹方向に進み、速谷神社方向に入った国道433号線沿いの民家です。

ここで、平和に暮らしていた北口さんたちに突然、悲劇が起こってしました。

亡くなれた北口聡美さんのご冥福を心より願います。

スポンサーリンク

ネットの反応

亡くなった女子高生は怖かったでしょうね。
亡くなったことは本当に残念だけど、今まで犯人も捕まらず、ご家族も辛い日々を送られていたことでしょうね。
少しは報われるかな。
死刑になるのかどうか?

出典:Yahoo! ニュース

この事件はよく覚えてる。捕まって本当に良かった。帰ってくるわけではないが、家族の中でも少しは区切りがつけられるのでは。
改めて大きな事件を起こすような人物は、再犯するんだな、と思う。捜査したら他にも余罪ありそう。適切な量刑を望みます。

出典:Yahoo! ニュース

もう絶対ダメだと思っていた。
諦めたらいけない、いい教訓になった。
お父さんを含め、ご家族のことを思うと涙が出たよ。
広島は暗いニュースが多かったが、いい仕事した。

出典:Yahoo! ニュース

とても残酷な事件だったため、当時の事件を覚えているかたも何人かいらっしゃいました。

亡くなってしまった、北口聡美さんは帰ってきませんが、犯人が逮捕されご家族のかたの胸のつかえがとれたのではないでしょうか。

最後まで捜索をあきらめなかった人達が報われる日が来たことを心よりうれしく思います。