霧島連山の硫黄山で噴火! 噴火警戒レベル「3」とは?

霧島連山の硫黄山で噴火が発生しました。気象庁は噴火警戒レベルを3に引き上げ。

硫黄山が噴火するのは、250年ぶりです。

スポンサーリンク

事件概要

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の硫黄山で、噴火が発生した。気象庁は、噴火警戒レベルを「3」に引き上げ、火口から2キロの範囲では、噴石と火砕流に警戒するよう呼びかけている。

気象庁によると19日午後3時39分頃、霧島連山の硫黄山で噴火が発生した。

気象庁は噴火を受け、噴火警戒レベルを「3」に引き上げた。火口から2キロの範囲では、噴石と火砕流に警戒するよう呼びかけている。

また、風にのって飛ぶ小さな噴石や火山灰にも十分な注意が必要。

硫黄山が噴火するのは1768年以来、およそ250年ぶりのこと。

出典:NNN

自然災害はいつ発生するのか予想しずらく突然やってくるものです。

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の硫黄山で噴火が発生しました。

気象庁は噴火警戒レベルを「3」に引き上げ、火口から2キロの範囲では、

噴石と火山灰に警戒するよう呼びかけています。

硫黄山とは?

名前:硫黄山(いおうやま)

在地:宮崎県えびの市

標高:1317m

種類:溶岩ドーム

韓国丘の北西、えびの高原の位置し西斜面に宮崎県道・鹿児島県道1号

小林えびの高原牧園線が走る。

スポンサーリンク

噴火警戒レベル「3」とは?

噴火警戒レベルとは火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民の

「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標です。

今回の噴火では「3」のちょうど真ん中ですので十分な警戒が必要です。

レベル「3」の火山活動の状況は、移住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生

あるいは発生すると予想されます。

住民のとるべき対策は火山の状況に注意して通常の生活。要配慮者の避難準備

などをしてください。

また、登山者や入山者に対して立ち入り規制がかかります。

噴火現場は?

こちらが噴火現場の画像になります。

出典:NNN

激しい勢いで煙が噴き出しています。

周囲では小さな噴石や火山灰が舞っていることでしょう。

吸い込まないよう窓を閉め、外出するときはマスクなどで口を覆ってください。

硫黄山の所在地

スポンサーリンク

ネットの反応

車で30分くらいの場所なのでまた灰が飛んできて
面倒くさい掃除が増えます
地震との関係は薄いと思いますが地震にも備えたいと思います

出典:Yahoo ニュース!

怖いです、そろそろ地球がダメになって来てるのかと思ってしまう。

出典:Yahoo ニュース!

何と言っても世界最大級。
用心に越したことはない。

出典:Yahoo ニュース!

近隣に住んでる方と思われるコメントもありました。

突然の噴火で不安だと思いますが、冷静な判断と十分な警戒をして頂き

被災する人が出ないことを願います。