クレヨンしんちゃん役 矢島晶子さん降板 降板理由は病気?後任は誰?

誰もが知るクレヨンしんちゃん、その声優矢島晶子さんがクレヨンしんちゃん役を降板するとの発表がありました。

降板理由や後任は誰なのか?調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

概要

テレビ朝日は1日、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」で、平成4年の番組開始当初から26年3カ月にわたって主人公の野原しんのすけ役を演じてきた声優の矢島晶子さんが降板すると発表した。29日放送分が最後の出演。

出典:産経ニュース

長いことやってるなーと思っていましたが、番組開始当初から26年もの月日が経っていてしまっていたのですね。

最近話題になったポプテピピックでも声優を務めていた矢島さんですが、とうとう降板に…。

少し前に野原ひろし役の藤原さんも変わりましたが、やはり主役の声が変わってしまうのは何とも寂しい気持ちになってしまいます。

後任は誰なのか、病気などで後任せざるを得ない状況になってしまったのか気になるところです。

矢島晶子のプロフィール

名前:矢島 晶子(やじま あきこ)

性別:女

年齢:51歳

出身:新潟県柏崎市

職業:声優

生年月日:1967年5月4日

主な出演作品

・1992年 クレヨンしんちゃん(しんのすけ)

・1994年 魔法陣グルグル(アーデンベルグ)

・1995年 新機動戦記ガンダムW(リリーナ)

・2003年 鋼の錬金術師(クローゼ)

・2013年 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(道楽宴)

・2018年 ポプテピピック(ピピ美)

もうたくさんありすぎて書ききれないほど出演されてます。

役どころも幅広く作品によってはまるで別人と思うことも。

スポンサーリンク

降板理由は病気?

当然の降板発表に何か病気になったのかと話題になりましたが、今回の公認発表について矢島さんはこう語っています。

放送開始から四半世紀以上が過ぎ、ご本人より「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった。」との理由で降板のお申し出があり、番組制作スタッフと協議を重ねた結果、この度の決定となりました。

出典:テレビ朝日

矢島さんも、もう50歳を過ぎていますので声を出すのが苦しくなってきたのでしょう。

病気でないのでホッとしましたが、長年やっている人気番組の主役を降板するというのは、相当悩んでの決断だったのではないでしょうか。

役としての自然な表現がしづらくなった、というところに矢島さんのプロ意識を強く感じます。

矢島さん四半世紀以上もの間、お疲れさまでした。

後任は誰?

後任は誰か気になりますよね。

あの独特な声を出せる人なんて代わりに居るのでしょうか?

一部ネットでは

・諏訪部順一

・悠木碧

両名の後任が予想されています。

諏訪部さんはテニスの王子様の跡部やFATEのアーチャーなどに出演されており、イケボとして有名ですが、クレヨンしんちゃん役と考えると少し違和感が…。

悠木さんは今大人気の声優さんで、まどかマギカなど様々な作品に出演されています。

矢島さんが今まで声を担当していたということもあり、どちらかというと悠木さんの方が適任なのかと思います。

しかし、あくまでネットの推測なので後任について正式な発表がされたわけではありません。

ドラゴンボールのブルマのようにそっくりの声優さんが担当するのか、それとも全く別の方向性でいくのか注目ですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

悲しみの声で溢れていました…。

お父さんの野原ひろし役が変わった時も衝撃を受けましたが、今度はしんちゃんが。

全く別の作品に感じてしまいそうです。