マジで!? 日本の貯蓄0世帯の多さに愕然

みなさん毎月定期的に貯金していますか?

今後の生活を考えて貯金しないとまずいなーと思っていても、買い物・旅行・趣味など世の中には誘惑が多すぎてなかなか貯金できない気持ちわかります。

「家計の金融行動に関する世論調査」で驚きの集計結果が出ました。

貯蓄0総世帯はなんと34%も!!

金融行動に関する「家計の金融行動に関する世論調査」によると、

2人以上世帯の貯金なしの割合は32%、単身者の貯金なし割合は41%で全世帯でみると34%!3人に1人が貯金ゼロという結果に!!

みんな貯金できていないんだと安心してはいけません。

貯金はしていなくても株や不動産などに投資しているという人もいることでしょう。

そのことを考えると実際の数字はもう少し低くなるかもしれません。

貯金なし世帯の年代別割合

2人以上世帯の年代別割合

20歳代 45%

30歳代 41%

40歳代 35%

50歳代 30%

60歳代 45%

「家計の金融行動に関する世論調査」より引用

単身者の年代別割合

20歳代 59%

30歳代 47%

40歳代 50%

50歳代 46%

60歳代 33%

「家計の金融行動に関する世論調査」より引用

最も高い割合は単身者の20歳代で59%、次いで単身者の40歳代の50%。

どちらの世帯も働き始めの20歳代の割合が最も高い結果に。

働き始めで給料も少なく遊び盛りの20歳代は仕方ないのかもしれませんね。

会社の先輩に、結婚して子供が出来たら自由に使えるお金が少なくなるから若いうちに使えるだけ使っておけと言われた記憶があります。

2人以上の世帯では年代別に下がっていますが、子供が自立するであろう60歳代の割合は高めに。

少子高齢化がますます深刻になっており、今の若い世代は年金がもらえないもしくは現在より確実に減ると言われています。そんな状況で高齢になって貯金なしでは老後に不安が募りますね。

貯金の平均値・中央値

2人以上世帯の平均値・中央値

中央値 約1000万

平均値 約1819万

単身者の平均値・中央値

中央値  約550万

平均値 約1472万

総世帯の中央値・平均値

中央値  約850万

平均値 約1773万

「家計の金融行動に関する世論調査」

上記の数字は貯蓄ゼロ世帯を除いて集計されたもので、平均値はなんと1000万超え!!

しかし、これは平均値であり、3人の人がいたとして1人が1億、残り2人が貯蓄0円でも平均では3000万を超えるので現実的な数字では無いでしょう。

注目したいのが中央値。総世帯の中央値は850万なので貯蓄ゼロの人からみたらかなりの高額ですね。

平均値と中央値がこんなに離れているということは一部の富裕層が平均値を底上げしていると思えます。資本主義の日本ではこんなにも差が開いてしまうんですね。

最後に、、、

いかがでしたでしょうか?この集計結果をみて貯蓄ゼロの人と毎月コツコツ貯金している人とではこんな