世界最速球速!人間ってすごいな、、、、

野球を見ていて、豪快なストレートで空振り三振を取る様はとても爽快ですよね。

変化球もいいですが、火の出るような剛速球をみると胸が熱くなってしまします(笑)

今回は世界最速球速記録を持つピッチャーを紹介します。

スポンサーリンク




その名はアルロディス・チャップマン!!

出身    キューバ共和国オルギン州オルギン

生年月日  1988年2月28日

身長    約193cm

体重    約96.2kg

ポジション 投手 左投げ左打ち

プロ入り  2010年 アマチュア・フリーエージェントとしてシンシ             

      ナティーレッズと契約

WBCでかなり注目を集めていたのを覚えています。

MLB公式の最速記録でのチャップマンが記録している最高球速はなんと105.1マイル!!時速にして169.14km!!

約170km、、、早すぎます!

バッティングセンターでたまに150kmのマシンがありますが、その球をまともに打っている人はあまり見かけません。

それより20kmも早いなんて想像できません、、、

マシンと比べメジャーリーガーの投げる球は伸びもキレも段違いですから、より一層早く感じることでしょう。

世界最高球速の動画はこちら

非公式記録はもっと早い!!

2011年4月18日のピッツバーグ・パイレーツ戦では球場の電光掲示板で106マイル(時速で170.59km)が!!

170km超えちゃいました、、、(笑)

しかしこの記録、球場の表示では106マイルだったのですが速度解析機PITCHf/xでは102.4マイルだったので公式記録にはなりませんでした。

球場の測定器が不調だったのかPITCHf/xが悪かったのかは不明ですが恐ろしい記録です。

ちなみに169kmを記録した時、打席に立っていたトニー・グウィン・ジュニアは「目の前を通り過ぎるまで見えなかった」とコメントしたそうです。

メジャーリーグで剛速球に目が慣れている選手ですら見えないのですから自分には見える気がしませんね、、、(笑)

その球を受けているキャッチャーもとんでもないです。

非公式記録の動画はこちら

日本最速は?

世界の球速を知ったら、じゃあ日本はどうなんだ?って思いますよね。

日本最速記録は投手、打者二刀流で知られる大谷翔平選手です。

大谷選手の記録している最高球速は165km!

チャップマンより若干遅いものの、めちゃめちゃ早いですね。

大谷選手はまだまだ若いので伸びしろはかなりあると思います。

いつかチャップマンの記録を塗り替えるかもしれません!今後の活躍が楽しみですね!

最後に、、、

自分と同じ人間がここまで速い球を投げられるなんて驚きです。

今後もしかしたら、180kmを超える投手が現れるかもしれませんね。